セフレトピックス

セフレは大人の関係だけに結構難しい一面も!良いセフレは厳選して選ぼう!

セフレ、何やら大人の関係という感じのする言葉です。

これはセックスフレンドの日本語敵略語で、海外では通じませんので念の為記しておきますね。

セックスフレンド、要はセックスのための友だちと直訳ができます。

恋愛関係ではなく、あくまでも友だち程度の関係で、普通の友だちにはないセックスという要素が加わった関係のことです。

そんなセフレについて、解説していきましょう。

セフレが欲しいのはどんな人?

それってセックスに飢えている人じゃないの、と思うかもしれません。
でもそれだけではないのです。

セフレが欲しいのはどんな人?

セックスというのは人間の3大欲求の1つです。

他の欲求に比べると、なかったら死んでしまうとまでは行きませんが、実際身体的にも精神的にも、不足はしたいないものです。

なので主にこのセフレを求めている人は、恋人を作る暇もない、好きな人相手でも縛られた関係にはなりたくない人、そんな人が多いですね。

あくまで縛られること無く、身体とちょっとした友達感覚の付き合いを求めている、そんな人がセフレを欲しいと思う代表格です。

まあ他にも、結婚したものの夜の生活でのレスが多く、欲求不満でということももちろんあります。

こういった場合も、セフレなら割り切った関係でセックスできるので、セフレ募集に走る人も多いのです。

セフレを作りたくなる理由とは

第一にはもちろん、欲求不満の解決ですね。

セックスというものは、時にはお金で買えることもありますが、基本的には安全で安心な相手としたいものです。

またある程度決まった相手なら、気心もしれてきますし、お互いのセックスのスタイルに関しても十分把握できてきます。

セフレを作りたくなる理由とは

なので単に行きずりの関係ではなく、セックスフレンドという形での付き合いを求め、セフレを作りたくなってくるのです。

恋人を作る暇もなく、恋人に縛られるのもあまり好みではない、でも適当の相手とはちょっと、といういささか贅沢な人こそ、セフレを作りたくなるものなのです。

主な理由をまとめてみれば、セックスする相手がほしいけど縛られたくない、そして安全に楽しみたい、友達感覚で付き合いたいなどですね。

セフレはどうやって見つけたら良い?見つけ方は?

セフレもですが、セックス関係での相手を見つける方法はいくつかあります。

まずオーソドックスにナンパです。

男性の場合、ナンパでという手段が最初に頭に浮かぶはずです。

女性の場合は逆ナンになりますが、これはあまり見かけません。

いずれにしてもナンパは、それほど成功率が高くないのです。

特にセフレのような、ある程度持続する関係の相手をナンパで見つけるのは、かなり困難です。

セフレはどうやって見つけたら良い?見つけ方は?

次に、友だちからの昇格とか、友だちに紹介されてなどもあります。

女性の場合これは結構安全なセフレ探しの手段になります。

しかしこれも、男女ともに妙な噂を立てられたりすることもあり、要は秘密厳守が不可能だということから、あまりオススメができないのです。

なのでここでもネットの力を借りるのが、最もオススメになります。

出会い系サイトなど、出会いに特化したサイトの利用が、最もセフレを見つけやすいですね。

特に大手サイトなら、セキュリティもしっかりとしていて情報の流出もまずありません。

また、セフレ募集というカテゴリで見つけることも可能です。

外れもないし、安全にセフレを見つけるには、出会い系サイトはオススメですね。

素敵なセフレが欲しい!選び方や見分け方は?

一歩間違えると、セフレもハズレということもあります。

まあそんな時にはすっぱりと手を切れるのが、セフレ関係の良いところですが、それでもしつこくされることもあるので、最初の見分けは大事です。

まず第一に、あまりガツガツした雰囲気の相手は、男女関わらず避けておくことです。

もちろんセックスフレンドなのですから、セックスしたい相手を探しているのは当然です。

でも完全に、セックスしか頭にない相手との関係は、大変につまらないものです。

セックスだけでなく、フレンドとしても関係できる相手を選びたいですね。

出会い系などで知り合う場合、互いの価値観とか趣味など知る余裕もあります。

ある程度趣味とかも一致、価値観も外れすぎていない、またもちろんセックスの相性がいい、これらをできるだけクリアした相手を選びましょう。

一晩だけの遊び相手とはちょっと違う関係のセフレです。

特に女性の場合危険を避けるためにも、相手をある程度知ってからの付き合いをオススメしたいです。

セフレを作るのに効果的なアプローチ法は?

まず第一に、相手もセフレを求めているのかの確認が必要です。

ある程度持続する関係であるセフレと、今夜だけという関係を間違えると失敗してしまうこともあります。

最初にその確認をしておかなくてはなりません。

出会い系の場合、セフレ募集となっていればこうした確認が不要になるので、そう言った意味でもオススメです。

そして実際に出会った後は、相手も見てアプローチ法をその場で考えていく必要があります。

男性がリードするほうがいい場合もありますし、女性が甘やかしたい男性を求めている場合もあります。

すでにある程度、メールなどでやり取りしていても、細かいことについては顔合わせをしていないとはっきりしません。

自分の求めているタイプであるのか、相手の希望にこちらが合っているのか、その場で判断しましょう。

まあそこそこだなということで、とりあえずホテルへ移動した後は、何よりも互いの身体の相性が良いか、セックスの好みが一致するかこれを見極めておきましょう。

その後に、結構いい感じだと思うけど自分たちは良いセフレになれるんじゃない、という感じにさりげなくあまりベタベタせずに切り出してみてください。

あくまでクールな関係のセフレですので、特に最初のアプローチはあまり甘すぎずベタつかないことをオススメしたいです。

セフレになった後はどう付き合う?

セフレと恋人関係、実はボーダーラインが非常に曖昧でもあります。
いやその後と昇格も考えて、という人たちの場合は特に問題ありません。

セフレになった後はどう付き合う?

しかしあくまでセフレでという場合、互いに割り切れるかが先の問題になってきます。

自分はあくまでセフレの関係でいたい、なのに近頃相手がなんとなくセフレ以上のものを求めてきている気がする、そんな時には距離を置くことが必要です。

しばらく連絡をしない、相手からの連絡を軽く無視するなどですね。

大体の場合これで相手も、あぁまずかったなと感じてくれるものですが、しつこくなってきたら本格的に別れを告げることです。

セックスの相手とは言えフレンドですから、できるだけ穏便に別れたいものですが、相手がフレンドの関係を超えてこようとする場合、クールに対する必要もあります。

あくまでセックスフレンドの立場を互いに超えないように、でも会っている時には情熱的にセックスをする関係で痛いものですね。

セフレ選びを慎重に行い関係を持続させる

ある意味セフレ関係というもの、恋人関係や夫婦関係よりも難易度の高い関係と言えます。

セックスだけの付き合いでも、互いの好みなど一致しないと長続きはしません。

また互いに、これはセフレの関係と把握していないと、すれ違いの上に折角のいい関係も破局を迎えてしまいます。

夫婦のように婚姻届もなく、恋人関係のように周囲の認知もないのがセフレ関係です。

それだけに不安になることもあるでしょうし、でも自由な関係を謳歌もできます。
でもそれも、互いにセフレであるという一線を守れてこそなんです。

良いセフレ関係は1人では作れません。

セフレ選びは慎重に、でも楽しんで行ってくださいね。