トピックス

よいセックスとは何かを真剣に学ぶことがとても大切である

よいセックスとは何かを真剣に学ぶことがとても大切である

素敵なセックスをすると不満は消えるもの

成人してセックスをした経験がある方は、誰しも「人生最高のセックス」と呼べる時間を過ごした経験のある方も多いと思います。

何を基準に「最高」と呼べるかは個々で違いますが、例えば好きな人とやっとベッドを共にできたことに感激する人もいるでしょうし、Sっ気の強い女性にリードされる快感を初めて知った男性がそのセックスを最高と思うこともあるでしょうが、いずれにしてもその最高のセックスをした経験はいつまでも覚えているものです。

そしてそれがずっと続けば何の不満もなく人生を生きていけそうな感じさえしますから、いかにいいセックスをすることが我々が日々生きていることにプラスに働くかは言うまでもないのです。

そして誰しもその最高のパートナーといい関係を維持したいと思うわけですが、これが永遠に続かないのがまた男女関係の難しいところで、同じ相手とずっと最高のセックスができているカップルと言うのは極めて少ないのも世の中の実態としてあるのです。

浮気や風俗で刺激されてセックス観が変わることもあります

性欲というのは生きていれば誰もが持つものですので、極限まで欲求不満になると多くの人は自然にその不満を解消しようとします。
結果、出会い系サイトで遊び相手を探したり、男性ならば風俗に行って発散できる場所を確保したりします。

まじめな性格の方はぎりぎりまで恋人や奥さん、旦那さんへの気兼ねから浮気や風俗は避けようとはするものの、それにも限度があるので、結局はこっそり遊び相手を見つけるという手段に行きつくのがオーソドックスなパターンです。

ただし、パートナーを変えたことによって視界が広がることも多いです。

風俗の場合、本番行為は禁止ですが、普通の恋人同士手やあり得ないシチュエーションで女の子が興奮させてくれるので、「これならうちの奥さんとマンネリセックスするより断然いい!」と考えが変わる男性も多いですし、出会い系サイトで体の相性のいい相手を見つけた場合も状況は似ています。

出会い系サイトでセックス相性のいい相手が見つかると、いつの間にか「セフレ関係」が構築されるなんてことは大人の世界では珍しいことではないのです。

体の相性のいい相手はどこかにいるものです

男女の出会いはタイミング次第でどうにでもなるというのが通説です。

「20歳の時はこの人が理想の人と思ったが、35歳になった今、全然理想は変わってしまった」というふうに思う方がいてもそれは決して珍しいことではありません。

パートナーとのセックスがうまくいかずに悩むと、たとえ出会い系であってもいいセックスができる相手が見つかると「この人は私の理想だ」なんて瞬間的に思ってしまうこともあります。

もちろん、セックス相性だけで男女の関係の100パーセントを決めてしまうわけにはいかないのですが、「悩みがパートナーとの性的不一致」であった場合、充実したセックスをさせてくれた相手は天使のように思えるものです。

ちなみに最高のセックスとは、ごく普通に愛撫から始まり、時間をかけて情熱的に愛し合い、お互いが手を抜くことなく欲望を発散し合って行為に及んで初めて成立するものですが、よくよく考えればこれはさほど難しいことではありません。

普通に気持ちに任せて行為を行えばこのような「普通のセックス」はできるのですが、相性が悪くなった男女となるとこれらのうち、いくつかが欠けた状態で行為に及ぶようになるのです。

いい例がマンネリ化した夫婦が行う義務的な営みです。

義務的ですから、どちらかが「早く終わってほしい」と思いながら行為に及んでいて、その雰囲気は自然に相手に伝わります。

その結果、盛り上がらないセックスに嫌気がさした方が外にセフレを求めるということになるのです。

ちなみに世の中に必ず体の相性のいい異性というのはいるもので、出会い系や風俗の体験談でそのことを力説している文章もネット内にはあふれています。

大人の思考でセックスを謳歌する生き方が一番いい

ある程度人生経験を積まないと達観した考えにはならないかもしれませんが、究極を言ってしまえばセフレを作ろうが風俗に行こうが、自分の中で不満を溜め込まないセックスライフを送るのが一番です。

道徳的に考えてしまうと「結婚してるのに出会い系でセフレとはけしからん」となってしまいますが、その凝り固まった考えに縛られて窮屈なセックスライフを送ることは地獄です。

従ってお世辞にも快適なセックスライフを送っていると言い難い成人の男女の方は、一歩大人の思考を踏み込んで考えることも悪くありません。

要するに「絶対にパートナーにばれなければ外で性欲発散するのはOK」と割り切ってしまうことです。

ちなみにこの場合、浮気ではないことも自分に言い聞かせておくと罪悪感が結構薄れます。

「奥さんが明るく電気の付いた部屋でセックスすることすら恥ずかしいって言って付き合ってくれないんだから仕方ねえよ」くらいに思えばいいのです。

いったん割り切ってしまえば、最高のセフレが見つかっれいれば当面のセックスライフは充実したものになります。

また、セフレ関係も当然永遠でないところがまたプレイを激しくさせるのです。

「この子とあと何回こんないい関係が続けられるのだろうか?」と頭をよぎった日は、持てる情熱を全部出してセフレのお相手と行為に挑みたいものです。