トピックス

不倫はなぜ止められなくなるのか原因から追求してみよう

不倫はなぜ止められなくなるのか原因から追求してみよう

不倫とはどのような条件を満たすと成立するのか

不倫とは、男女どちらか一方または双方が婚姻関係にある相手と知りながら肉体関係を持つことを指します。

単なる食事デートを行っただけでは不倫に至ったとは認められず、少なくとも夫婦間の貞操義務を破ったと認められる程度の肉体関係が必要となるわけです。

このため、夫婦間により貞操義務を破ったと認める度合いには違いがあり、キスを行っただけで不倫関係に至ったと認める厳しい家庭がある一方で、セックス本番に至らなければ問題ないと考えている夫婦もいます。

また、独身の男女間には不倫関係は成立しないので、少なくとも既婚者が独身と偽った状態で独身者とセックスをしたとしても、独身者の側に不倫を行ったと非難することは出来ません。

不倫する原因理由を知れば抜け出せなくなる理由も分かる

不倫を行う男女は、性的に欲求不満が溜まっている状態を解消するために不倫関係に至ることが多いです。

一般的に男性は20代前半をピークとして性欲が徐々に年齢とともに減退する傾向にありますが、女性は30代から40代にかけて性欲が増すことが分かっています。

結婚から年数が経過すると共に男性は仕事が忙しく精力減退も手伝って、日本人の夫婦間ではセックス頻度が減少してセックスレスに陥りやすくなるわけです。

このため、女性の性欲が男性を上回る30代以降は女性が不倫関係を求めて男性を探す理由となります。

一方、男性が不倫に至る原因は、妻が妊娠と出産により女性から母親へと切り替わってしまい、夜の営みが全く無くなるセックスレス状態となることが考えられます。

欲求不満が溜まっている女性とセックスレスで性欲の捌け口が失われた男性が出逢えば、互いの性欲を貪るように求め合うセックスに満足して不倫関係が長続きするわけです。

不倫と年齢や職種に相関関係はあるのか確認してみよう

不倫と年齢や職種に相関関係があることは、女性の性欲が男性を上回る30代以上を境目として不倫関係が成立しやすくなることは確かです。

また、子育て世代の男性にとっても妻が子育てのみに集中してセックスレスになっていれば、外で性欲を発散させるか自家発電するしかありません。

そこで、男性ならば残業が多くなり帰宅時間が遅くなっても不自然では無くなる働き盛りの男性ほど不倫をしやすくなるわけです。

付き合いで飲みに出かける際には、飲み代としてある程度の金額を使うことが珍しくないために、不倫にかかるホテル代程度は自由に出せます。

一方、女性の不倫は特に専業主婦ほど時間的に余裕を作りやすいために、平日昼間に不倫を行うパターンが増えるわけです。

営業職の男性や出張が多い男性と不倫関係になれば、平日昼間に待ち合わせしてホテルでセックスすることはさほど難しいことではありません。

夫が帰宅する時間を把握しているからこそ、夕食の支度が間に合うまでに時間を計算して動けばさほど難しいことではなくなります。

また、パートや契約社員といった仕事を子育てが落ち着いたタイミングから始めたならば、帰宅時間が遅くなってもシフトだと言い訳しやすくなるはずです。

不倫を行うためには、少なくともホテルの休憩時間程度の時間を確保する必要があるので、時間をつくりやすい職蟻用や年齢になっているほど不倫しやすくなります。

不倫とセックスは相性が良いほど繰り返し行いたくなる関係にある

不倫関係が長続きするためには、セックスの相性が良いことが絶対条件となります。

恋愛結婚をしたとしても、夫婦生活まで必ずしも相性が良いとは限らないので、結婚前に交際していた過去の恋人とのセックスの方が今の配偶者よりも良かったと思うことは珍しくありません。

そこで、欲求不満が溜まりすぎて爆発する段階になった時には、セックスの相性が良い相手で私生活に干渉しないセックスフレンドとして不倫関係を行えば良いと気づきます。

不倫相手を複数の異性とセックスした上で決めることが出来れば、最も相性が良いセックスを毎回好きなだけ楽しめる関係になれるわけです。

不倫関係が長続きすることは、最初からセックスの相性が良い相手とのみ不倫関係を継続して行いたいと考えるからこそ、マンネリ化を防ぎつつ互いの性欲を全て発散させることに専念します。

どちらか一方が都合が悪い時には、深追いせずに次の機会をじっと待つ事ができる不倫相手とならば、長期間飽きずに不倫が継続するはずです。

不倫と出会い系サイトは出会いのキッカケとして密接に関わっている

不倫相手と知り合う方法として出会い系サイトを活用すれば、互いの生活圏が被らない範囲で見ず知らずの男女が知り合いになれます。

一度セックスをしてみて相性が良いと互いに思った場合のみ、継続的な不倫相手として互いの私生活に干渉しないという絶対条件の下で不倫関係は成立するわけです。

最初から顔見知りの範囲内で不倫相手を探してしまうと、不倫が発覚した際のダメージが計り知れない状況となります。

互いに顔を合わせる機会が増えた時に、仲が良い友人達から不倫関係にある男女の距離感がセックスをしているからこそ不自然に近く感じて気づかれるわけです。

本人同士は距離感を取っているつもりでも、第三者から見れば肉体関係がある男女の距離感に見えてしまうからこそ、最初から私生活で関わらない出会い系サイトで知り合った男女の不倫関係ほど継続しやすくなります。